スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『クロユリ団地』見ました!

『クロユリ団地』見ました!
http://kuroyuri-danchi.jp/

平日という事もあり、ほとんど人がいませんでした。
公開からちょっと経ってる上に、評判もちょっと厳しい感じ
だったし、仕方ないのかなぁ。


映画自体は評判通りちょっと残念な感じでした。
ホラー映画としては怖さが足りなかったと思います。
公式の予告編では怖そうな感じだったのに…。

個人的にはおじいさんが壁引っ掻いてるシーンが一番怖い
ポイントだったかな。
最終ボス的な立ち位置の子供の方は別に…。
やっぱ子供だとイマイチな感じがしますね。
呪怨の子供は良かったのに。


主人公の二宮 明日香 役の前田 敦子はほとんど出ずっぱりでした。
演技は思ってたより全然良かったので、問題無かったですけどね。
特に中盤から後半の壊れた感じがね〜。


終わり方がちょっと?ってなりました。
序盤の展開がのんびりだったのに、後半は早くて早くて。
前半削ってもっとホラー要素を入れてほしかったですねぇ。


ここから先、ネタバレ有りで書きます。



『クロユリ団地』予告編






ネタバレありです。




主人公は、子供の時にバスの事故で家族を全員亡くし、
自分一人が生き残ったという罪悪感?みたいなものを持ってます。
これのせいで初めから結構おかしなことになってます。
家族との会話とか違和感全開。

そしておじいさんの死体を発見して更におかしくなっちゃいます。
気付いてあげられなかった自分を恨んでるとかなんとか…。
ちょっと考え過ぎだよね。

この死体発見までの室内探索は結構良かったです。
こういうシーンを団地全体でやってほしかったと思います。
団地自体は結構古い感じで不気味な印象だったので、探索シーン
あったら面白そうでした。

ほとんどが主人公の自宅と、向かいのおじいさんの部屋のシーン
ばかりで、ちょっと団地というのが活かせてないように思えましたね。
他の住人も全然出てこないし。
主人公の部屋でドア全開であんだけ叫びまくってるのにおかしいって。


おじいさんは、とってもいい人でしたよ。
予告動画ではどう見てもやっかいな幽霊って感じでしたが、
死体を見つけてくれた主人公に感謝し、危険を知らせようと
してるだけっぽかったんですよね。

子供の霊がラスボス的な感じで、主人公に憑く前はこのおじいさんに
ついてたみたいです。
なので、危険だとわかったみたいです。

でも、「お前、死ぬ」じゃ伝わんないよねぇ…。
あと壁引っ掻き続けるだけじゃね。

主人公が子供の幽霊を自分の家に入れた時に、隣の部屋で壁を引っ掻いて、
壁にでっかい割れ目を作ったのは笑えてきました。
おじいさん強い!
子供の幽霊もビビってたしね!


おじいさんの家の遺品整理の清掃業者として、笹原 忍 役の成宮 寛貴が
出てくるのですが、なんかセリフをかっこつけてしゃべってるみたいで
ちょっと違和感が…。

そしてこの人の紹介で霊媒師が出て来てうさん臭さアップ!
まぁ、ちゃんとおじいさんの霊は払ったみたいなんで、本物では
あるようです。

この霊媒師がおじいさんの霊を払うところで言ったセリフの、
「霊は場所に憑くんじゃない、心に憑くんだ」みたいなセリフを
聞いて、別にクロユリ団地が特に重要な舞台ってわけじゃないんだ
なぁって思いましたね。
ここを出てもどこまでも付いてくるとか言ってたしね。


子供の霊の除霊?はヤバかったです。

弟子みたいな人なのかな?が5人位出て来て、小さい部屋で変な
呪文を唱えながら儀式してるのは笑えてきましたよ。
しかも負けて血吐いちゃってるし。
その後は一切映らないんで、どうなったのかわかんないですが、
やっぱり死んだのかなぁ。


一度霊を家に入れてから、霊媒師にいれるなと言われてたんですが、
主人公は中に入れてしまいます。
事故で死んだ弟の変わりだと思ってたようですが、ここで一気に
精神がおかしくなってましたねぇ。

次は笹原と一緒にいて、家に入れないようにしましてましたが、
最初は断ってたんですが、途中から霊の芸風が変わって来て、
事故で亡くした家族を使って揺さぶりをかけてきてました。

もちろん主人公はトラウマとしてあるんで、ドアを開けようとする
のですが、笹原がビンタして止めさせます。

しかし、その笹原にたいしても、婚約者の霊?をだして扉を
開けさせようとしてきます。
笹原はドアを開けてしまうんですが、主人公に殴ってまで止めさせた
のにそれはないよねぇって…。
しかも子供の霊の標的はあくまで主人公な訳だしさ。

まぁ、若干自業自得な所もあったんで、霊に連れ去られてしまっても
そこまで可哀想だなぁとかは思えませんでした。

そしてこの辺りのシーンで、この子供の霊えぐい事するなぁって
思いましたし、なんか不快感がありましたね。
あまり好きなタイプの幽霊じゃありません。
怖いというよりもムカつくと言った所です。


最終的に誰も報われなかったです。
主人公は精神がおかしくなって、男は子供の霊に連れて行かれて
焼かれ、霊媒師は吐血しちゃった…。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
主に無計画なブログへようこそ。
未だに何やっていいのかよくわかってないです。
イラストのブログのはずなのにゲームの話題が多いですが、
テキトーに好きなように更新していくという事でやってます。

ランキング
ブログランキング参加しました。
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。