スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドラゴンボールZ 神と神」見ました!

映画「ドラゴンボールZ 神と神」を見ました。
http://www.dragonball2013.com/

客層はレイトショーだったので子供の客は全くいなくて、大人ばかりでした。
当然ですが男性客が多かったです。
でも意外とカップル多くてビックリしました。


映画は面白かったです!!
ドラゴンボールの映画はシリアス展開が多いですが、今作はギャグ寄りでした。

ベジータが凄く良かったです。
彼が何かやる度に客席から笑い声が出る感じでした。
というか別に笑うようなシーンでもないのに笑ってたのって、あきらかにMADの
影響だと思うな〜。
もちろんカッコ良いシーンもありますよ!


今回の映画は、今までのドラゴンボールの映画で上位に入る位好きです。
映画を見る前はあまり期待はしてなかったんですがね。
敵キャラのキャラデザ微妙だし、変に芸能人使ってるしで…。

でも、ストーリーは今までのドラゴンボール映画とはパターンが違っていて
良かったし、敵キャラのビルスも好きになりました。
ビルスは映像でみると結構可愛らしくていいんですよね。
動きとか猫っぽいし、今までのような絶対的な悪って存在なわけでもないのも
好感が持てた理由かなぁ。
まぁ、破壊神だから破壊はしますけどね。

芸能人を使ったキャラは、柔道家の人がめちゃくちゃ酷いだけで後はまぁ
可もなく不可もなくだったかな。
とくに柔道家の人のキャラはいらないシーンだったので、ここ削除して戦闘を
その分長くするとかしてほしかったかも。
キャラデザも声も演技も何もかもが最悪だったんで。

劇中に過去のシーンが幾つか流れたんですが、昔の画像をそのまま使ってる
訳じゃなく、今の映画のクオリティで再現されていました。
フリーザ編とかこの映像で見てみたいです。

戦闘シーンは良く動いてました。
3D映画にしても良かったんじゃないかなぁって思いましたよ。
こんな感じで過去の戦いも見たいなぁ。


とまぁ、自分はこんな感じですが、一緒に行ってた友人はイマイチだったみたい
なので、賛否は分かれそうですね。

友人は今までのドラゴンボールとはパターンが違っているのが不満のようでした。
特にラストの部分が嫌だったみたいです。
自分はその部分が良かったんですけどねぇ。


続きにネタバレ含む話を…。






ネタバレ含むので注意です!!







まず一番のネタバレであろうスーパーサイヤ人ゴッドについてです。
スーパーサイヤ人ゴッドとは、サイヤ人の神らしいです。
変身方法は正しい心をもったサイヤ人5人が、1人のサイヤ人にパワーを
注ぐです。
見た目は普通の悟空で、髪が赤くなり少々痩せます。

正直この変身はガッカリでした。
見た目の変化の無さもそうですし、なによりもただの界王拳としか…。
赤いオーラを纏っていたので、スーパーサイヤ人4系の変身をするのかと
思ってたのになぁ。
予告ムービーでも大猿のシーンを挟んでそう思わせて来てたしさ。


ラストについて。
悟空負けます。
ビルスが圧倒的に強すぎて勝てないし、悟空自身も勝てないと諦めます。
スーパーサイヤ人ゴッド状態の悟空でも、ビルスの7割の力で負けてしまいます。

ビルスはスーパーサイヤ人3状態の悟空を2発で倒してます。
デコピンと首筋に手刀一発です。
こんな無敵状態のビルスに一応認めさせる事が出来たんで、結果としては良かった
と言えば良かったのかな?

そんなビルスも、ウィスには一撃で気絶させられてしまいます…。
彼はただの付き人じゃなくビルスの師匠で、ビルスが戦った中で一番強いって言う
レベルの人です。
ちなみに2番目はスーパーサイヤ人ゴッドの悟空。

この終わり方だと続編がありそうな感じがしました。
悟空たちがいるのが第7宇宙だったかな?で、全部で12の宇宙があって、ビルスより
もっと強い相手がいるかもしれないとか何とか言ってましたし、ビルスの眠りが今回は
たしか3年と短めな設定も気になる所です。
もしかしたら3年悟空が修行して再戦になったりするのかな?


ベジータについて。
敵が強すぎて名前を聞いただけで負け状態に…。
ビルスのご機嫌を取るためにベジータらしくない事を沢山やります。
歌ったり踊ったり色々…。
そんなベジータのシーンが一番面白かったです!!

カッコいいシーンは、短かったとはいえビルスを押してたところかな。
このシーンがあるので、強さでスーパーサイヤ人3悟空や、覚醒悟飯を超えたかも。


ストーリーについて。
内容は凄く薄いです。

破壊神が目覚めて、スーパーサイヤ人ゴッドを探して地球へくる。
スーパーサイヤ人ゴッドがいないから地球を破壊するといいだし、悟空たちは
神龍になりかたを教えてもらう。
変身して戦って負けるが、見逃してもらう。
終わり。

終始和気あいあいとしてて、雰囲気は良かったと思います。
戦ってても全然緊迫感とかなかったしね。

予告動画で見たときとは印象が全然違いますね。
あんなシリアスな感じじゃないです。
それに、悟空が「破壊を楽しんでんじゃねーぞー」とか言ってますが、あれは
かなり意味不明な台詞だと思います。
あのシーンでこの台詞は違和感ありまくりでしたしね。
宣伝用の台詞とかなのかな?


あと気になった所は、ドラゴンボールGTへの繋がりです。
この映画は悟天やトランクスが子供だし、パンもまだ生まれていないので、
GTの前の話になると思います。
それなのにこの映画で悟空が大幅なパワーアップをしてしまい、いまさら
スーパーサイヤ人3がどうたらのレベルを超えてしまってます。
というか、スーパーサイヤ人4ですら…。

悟空はスーパーサイヤ人ゴッドになった影響で、その変身が解けた状態でも
パワーダウンはせず、スーパーサイヤ人の状態でゴッドの時と同じ強さを
維持しています。
ベジータも一時的とはいえビルスを押してたので、ビルスに瞬殺された
覚醒悟飯よりも強くなってると思います。

こんな状態でGTとリンクしてたら話がオカシクなってしまいそうなんで、GTは
パラレルワールド的な扱いになるんでしょうかねぇ。


とまぁ、こんな感じです。
終わり方があれなんで、続編出してほしいです。


映画『DRAGON BALL Z 神と神』予告編
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
主に無計画なブログへようこそ。
未だに何やっていいのかよくわかってないです。
イラストのブログのはずなのにゲームの話題が多いですが、
テキトーに好きなように更新していくという事でやってます。

ランキング
ブログランキング参加しました。
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。